私のサロンには、HSPの方、最近HSPだと気付いた方、HSPかも知れない方がたくさん来られます。

もちろん私も、幼い時から俗に言う繊細さんでして、それゆえ生き辛さもあったのですが、今ではHSPという言葉も意味も浸透してきたように思います。

スピリチュアルカウンセリングの中で、「集中力がなくて」「気を使いすぎて」「疲れやすくて」という相談を受ける事があります。

個人的にHSの人は感じる力が強いというより、受信するセンサーが精密で繊細だと思います。

その感受性がある人は、自分の周囲の状況に常に意識があるので言い換えれば「気配り」ができる人です。

自分の周囲の状況が常に自分の意識の対象となるので、仕事的には多くのことを一度に対象にする仕事に向いてます。集中力が強い人は、目の前の対象物に意識が集中してしまうので、多くのことを対象にする仕事は向いていません。

集中力がないよりも、気配り力を持っている方にフォーカスすると上手くいくと思います。

「疲れやすさ」については、自分の身体の状態を知るのに最適な事です。疲れていることに気付かない方が将来重大な病気を引き起こすリスクがあるわけで、HSPの疲れやすさは体の声を聞くにはとってはすごく良いことです。

なので、今の自分がHSPであることを強みであると脳の設定を変えて下さい。そうすると違った未来が描けます。

スピリチュアルセッションではHSPさんのオンとオフの切り替え方などもアドバイスしています。是非参考にされて下さいね。

 

 

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

«     »